2008年10月09日

昭和6年の若柳町の地図発見

なかまち振興会〜庶務・IT推進担当です。

先日、松野屋さんの事務所に、ブログの出張講習とパソコンの相談聞きに行きました。くり1000スタッフの渡邊さん@渡邊納豆と一緒に2人で。
そのときに、松野屋さんが、「いやー仙北印刷で、こんなのあったって、もってきてくれたんだよ」と見せられたのが、昭和6年の若柳町の地図。

商店がいっぱい立ち並び、競馬場も見つけることができました。
いまでも続く伝統ある屋号の数々が、そこにありました。
まずは、昭和6年の若柳町の地図全体をごらんください。

昭和6年 若柳町地図
s6wakayanagi_map01.jpg

中町商店街
昭和6年若柳町地図中町

元町商店街
s6wakayanagi_map03.jpg

新町商店街その1
昭和6年若柳町地図新町

新町商店街その2
昭和6年若柳町地図新町

3Dっぽくふかんで見た地図
昭和6年若柳町地図

うちの旧屋号、「松月」もあったり、渡邊納豆さんのお家は「渡辺胖(ゆたか)米穀店」となってました。「松野屋」さんもあり、3人の家の屋号があるなんて、なんかいいですねと、奥様に言われ、いわれてみれば、なんかご縁感じますね!と皆で地図を囲みわいわいと、当時の様子や、○○さんは、当時はこんな商売をやってたんだと、その変遷を知ることができました。

川南には、渡し船で行くとおもわれる、遊郭のような地帯もあり。当時の若柳の景気は、すげーことだったんだなーと感激。こんな古い資料、よくあったものです。松野屋さん、仙北印刷さん、ご提供どうもありがとうございます。

商店街のみなさんのお宅にも、「うちにも、こんな資料あるよー」ということありましたら、お気軽にお声かけください。電話なら、元のアシベに連絡おねがいします。チラシに書いてあるお問い合わせメールでもオッケーです。

この昭和6年の地図のコメントもおまちしておりますー。

posted by なかまち振興会 庶務・IT推進部 at 01:05| 宮城 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渡邊@渡邊納豆です♪

なかまち庶務様、先日はお疲れ様でした。
また、松野屋様お世話になりました。

仙台への帰り道中、思いだしました。
親戚の藤沢葬儀社@若柳南町の藤沢社長が渡邊家の旧屋号は「渡辺胖(ゆたか)米穀店」だったと。

通称は「わた(だ)はん」と呼ばれていたそうです。

ちなみに、胖(ゆたか)さんは、私の祖父の父親です。


いやぁ、嬉しい♪松野屋さんや仙北印刷さんには感謝ですね!
Posted by 渡邊@渡邊納豆 at 2008年10月09日 02:44
なんて読むか、わかんなかったんで、
変換できませんでしたが、わたはんさんでしたか。

さっそくコメントありがとうごさいます。
調べてみたら、昭和6年には、満州で鉄道爆破事件
おきたり、7年にはリットン調査団が来日した
というような世相でした。
Posted by 庶務2@松月 at 2008年10月09日 02:56
ついつい地図見たさで,おじゃましています(^_^)

この地図すごいですねー!!
自分が住んでいる町だからなおさら興味深いです。

「このお店屋さん,このころからあったんだぁ」とか「競馬場!?どこどこ?」思いながらみてました。
当時の若柳の様子に触れることができるなんてホント貴重です。
もっと細かいところ見たいなー(笑)

いつか機会がありましたら,ぜひ実物を見せていただきたいです。
m(_ _)m

また,このようなレアなものがありましたら写真のアップをお願いしまぁす。

Posted by レイ at 2008年10月10日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。